上戸彩と小栗旬が共演した映画、あずみのレビュー

2“あずみ”内での小栗旬さんと上戸彩さん003年に公開された映画、”あずみ”
上戸彩さんが18歳の時に公開された映画で
当時はかなり話題になりました。
そんなあずみのレビューをしたいと思います。

sponsored link


■映画公開当時の上戸彩さんと小栗旬さんのプロフィール、主なメインキャスト

●上戸彩さんと小栗旬さんのプロフィール

上戸彩 1985年9月14日生まれの18歳
小栗旬 1982年12月26日生まれの21歳

●あずみの主なメインキャスト

あずみ役 上戸彩
なち役 小栗旬
うきは役 成宮寛貴
ひゅうが役 小橋賢児
小幡月斎役 原田芳雄
最上美女丸役 オダギリジョー

■”あずみ”での上戸彩さんと小栗旬さんの関係

作中で上戸彩さんと小栗旬さんの関係は
徳川幕府の刺客として育てられた仲間という設定でした
上戸彩さんは刺客の中でも1、2を争う実力でスピードタイプのキャラクター
小栗旬さんも刺客の中で1,2を争う実力でパワータイプのキャラクターでした

お二人は作中で非常に仲が良く、二人一組でチームを組めと原田芳雄さんに
言われたときに、真っ先にチームを組んだ関係でした。

あずみ(上戸彩)さんは他のメンバーからもかなり人気があったのですが
なち(小栗旬)さんとチームを組むのに積極的でしたね。

●作中で非常に仲が良い上戸彩さんと小栗旬さん
“あずみ”内での小栗旬さんと上戸彩さん

■あずみのレビューや感想

映画”あずみ”は戦乱の世、平和を守る為に”使命”をはたさんとする
10人の少年・少女と育てのお爺様の物語です。

たった11人で世の中を変えると言っているだけあって
一人一人の実力は正に一騎当千、伊賀や甲賀の忍者十数人が
束になっても勝てないような戦力となっています。

この戦力があれば”世の中を変える事も不可能ではないかもしれません。
しかし、物語の最初で小幡月斎(原田さん)は二人一組になって
勝利したほうだけを連れて行くとか言い出しました。

元々の戦力が10人しかいないのに、いきなりそれを半分にしてしまっては
使命を果たすところの騒ぎではないんじゃないか?と思いましたね。

しかも、刺客の少年・少女の中でもNo1、No2を争う二人のうち
どちらか一方しか連れて行けないのは、相当な痛手だと思います。

まぁ、いきなりメインの二人の闘いという事で、序盤の掴みとしては
よかったかと思いますね。

●最上美女丸役のオダギリジョーが格好いい
最上美女丸役のオダギリジョーさん

あずみ達を倒す為にやってきた
最上美女丸(オダギリジョー)が非常に味のあるキャラクターでした。

あずみ達の一味である”ひゅうが”に闘いを挑んだ時には
ひゅうがの刀が一本折れているので、代わりの刀を渡して

「正々堂々と勝負をしたい、刀が折れているのを負けたいいわけには
してほしくないからね!!」と非常にクールな事を言っていました。

ひょうひょうとして軽い感じのキャラクターなんですが
一言一言が重い感じで敵役としてはかなり印象的でした。

他にもあずみ達を狙う刺客は何人かいたんですが
最上美女丸だけが印象的すぎて、他の刺客の事はほとんど記憶に残りませんでした
格好いいオダギリジョーさんが見れるのも、映画”あずみ”の魅力だと思います。

・他にはこんな記事もどうですか?
※小栗旬さんに関連する記事
小栗旬と山田優の子供は?兄は俳優?

※上戸彩さんに関連する記事
上戸彩とhiroの新居は?嵐との共演は?

sponsored link



コメントを残す