長澤まさみがモテキでかわいい?髪型はショート?

長澤まさみ

美人女優として、国民から愛されている長澤まさみさん
映画”モテキ”で”かわいい”と言われているそうですので
ちょっと見ていきましょう。

sponsored link


■長澤(ながさわ)まさみさんのプロフィール

【本名】長澤(ながさわ)まさみ

【生年月日】1987年6月3日生まれの27歳

【出身地】日本・静岡県・磐田市(いわた)

【身長】168cm

【血液型】A型

【所属事務所】東宝芸能

■長澤まさみがモテキでかわいい

●映画版”モテキ”キャストデータ

●備考
長澤さんが出演したのは映画の”モテキ”で、テレビドラマ版の
“モテキ”には出演していません。

松尾みゆき役 長澤まさみ
藤本幸世役 森山未來
山下ダイスケ役 金子ノブアキ

作中で松尾(長澤)さんは、EYESCREAM(アイスクリーム)という
サブカル系雑誌のライターという役柄を演じていて

藤本(森山)さんとは、ツイッターのつぶやきにリプライスして
たまたま知り合ったという設定でした

●ツイッター画面
●ツイッター画面

松尾(長澤)さんのツイッターのアイコンは男性のアイコンだったので
最初は男性だと思っていたのですが、蓋を開けてみたら”美女”だった
というのは、ドラマや漫画のお約束展開ですね。

これが現実だと、男性のアバターは結局男性ですし
女性のアイコンでも、結局男性という例の法則が発動してしまって
ネットには女の子なんていない、っていうパターンばかりですものね。

まぁ、それはおいて置いて、サブカルと言えば、漫画とかゲームとか
音楽関係に関することなので、オタク趣味の設定だった藤本(森山)さんには
なかなかお似合いの女性だと思いますね。

ファーストコンタクトで飲み屋にいった時は、すごい笑顔で
藤本(森山)さんに対して、”結構イケメンじゃないですかぁー♪”
と男心をくすぐる発言をしていましたね。

トークもノリがよく、進撃の巨人や佐川男子とか
流行のサブカルに対しても詳しい感じがGoodでとてもかわいかったですね。

sponsored link


これが一般的女性だと、男にはまず仕事の話を聞いて、次にいろいろな聞き方で
経済状況を把握しようという感じになってしまいますので

純粋に趣味の話で盛り上げることが出来る女性は、それだけでかわいさが増します
この長澤さんの行動は見習うべき点が多いですね。

それから、作中では松尾(長澤)さんはショートカットが
すごい似合っているのも特徴ですね。

“モテキ”以前では、ショートのボブカット長澤さんに一番似合っていると
思っていたんですが、モテキ視聴後は、長澤さんはショートカットが一番!!
という風に思うようになりました。

●参考画像 ショートカットがかわいい長澤さんの画像
●参考画像 ショートカットがかわいい長澤さんの画像

・他にはこんな記事もどうですか?※ショートカットが似合う芸能人

関連記事:真木よう子の髪型はショート?最高の離婚やモズでは?
関連記事:綾瀬はるかの髪型はミディアム?ショート?ホタルノヒカリでは?

■映画”モテキ”のレビュー等

作中で松尾(長澤)さんは、山下(金子)さんという、雑誌編集者と付き合っていて
藤本(森山)さんは、本命の彼氏ではなかったというのが
なかなかつらい設定だと思いましたね。

そこはやっぱり彼氏はいないよ♪って感じで
男に夢をみせて欲しいと思いますね。

しかし、話はこれだけではなく、山下(金子)さんは伴侶としている
女性がいながらも、松尾(長澤)さんと
付き合っているという設定だというのですから
どんだけこのドラマの登場人物は、モテてるんだよ!!と
突っ込みを入れてしまいましたね。

たしか、作中で藤本(山本)さんが務めている”ナタリー”というサブカル系雑誌の
編集中の男性も女性3人から求婚とかされていたと思いますので
“モテキ”に出演している男性はほぼ例外なくモテているものと推測されますね。

ちなみに、このモテ現象に対して
「もっと自由にとか、もっと自分の思いのままにとか
そういうのは限られた人間だけに許されている」
みたいなセリフが飛び出しましたが、これってそういう言葉でひとくくりに
出来るものなのかな?と疑問に思いましたね

●自由に恋愛を楽しんでいる山下(金子)さん
●自由に恋愛を楽しんでいる山下(金子)さん

自由にっていっても不倫は不倫なんで
現実問題だと慰謝料コースに突入してしまいますよね。
まぁ、これはドラマの世界の話なのでそういう事にしておきましょう。

・他にはこんな記事もどうですか?※私が最近見たドラマのレビュー

関連記事:北川景子がドラマで料理人を?食べ方がかわいい?
関連記事:本剛のプラトニックでの演技は?レビューは?

sponsored link



コメントを残す