山崎賢人の高校は通信?弱くても勝てますの役名は?

山崎賢人
中学時代に芸能界にデビューして、35歳の高校生や
弱くても勝てますといった、高校生がメインテーマの
青春ドラマに、多数出演している山崎賢人さん

高校時代や、ドラマの役柄が気になるので
少し見ていきましょう。


sponsored link

■山崎賢人(やまざき けんと)さんのプロフィール

【本名】山崎賢人(やまざき けんと)

【生年月日】1994年9月7日生まれの19歳

【出身地】日本・東京都・板橋区

【身長】178cm

【血液型】A型

【所属事務所】スターダストプロモーション

■山崎賢人の高校は通信?

噂では、東京都立板橋高校に通っているという話なでしたが
最近では、山崎さん自身が、高校は通信制だったから制服はなかった
もう一度高校時代に戻れたなら、女の事制服でデートをしたい
というように語っていたので、板橋高校が出身ではなさそうです。

板橋高校のホームページを確認してきましたが、普通科のみで
通信制についての案内は一切ありませんでした。

山崎さんが通信制の高校を選んだ、最大の理由は
中学時代に芸能界にスカウトされたので
仕事との兼ね合いを考えて、通信制を選択した、というところでしょう。

それにしても、これはかなりの英断だと思いますよ。
いくら中学時代に芸能界にスカウトされたとはいえ

ずっと、芸能界に身を置けるとは限りません。
一般的に将来を考えるなら、普通科のある高校に入学した方が
絶対にいいはずです。

つまり、中学時代にスカウトされた時から、自分は芸能界で成功するんだ!!
という強い意志を持っていたと言う事なのでしょう。

一流のモータースポーツ選手を目指す人や一流のバレリーナを目指す人等は
自分の一芸を極めたいが為に、高校は通信制にして芸を磨く!!
というような話を聞いたことがあります。

山崎さんも、そんな一流のアーティストと
同じ思考をもっていたと言う事なのでしょう。

・他にはこんな記事もどうですか?※高校時代が気になる芸能人

関連記事:福士蒼汰の英語の発音は?高校はどこ?ダブルダッチとは?

■”弱くても勝てます”の山崎さんの役柄は?

●”弱くても勝てます”キャストデータ
江波兎光輝役(えばと みつき)役 山崎賢人
白尾剛(しらお つよし)役 中島裕翔
赤岩公康(あかいわ きみやす)役 福士蒼汰
田茂青志(たも あおし)役 二宮和也

山崎賢人の”弱くても勝てます”の役名は
江波兎光輝(えばと みつき)ですね

作中では小田原城徳(おだわらじょうとく)高校の野球部に在籍
しているメンバーの一人です。

sponsored link


江波兎(山崎)は”弱くても勝てます”では
野球部のレギュラーメンバーの一人という
役柄を演じていました。

まぁ野球をするメンバーは9人ぎりぎりしかないので
全員レギュラーですね。初期のドラマ”ルーキーズ”のように

そして肝心のポジションと打順ですが、
打線を輪として考えるというよく分からない理論で
2番バッターに抜擢されていました

江波兎(山崎)さんはバッティングでは
白尾(中島)さんに次いで強いという話でしたが
打撃訓練テストでは、白尾(中島)さん以外は全員一律0点だったため
本当に打撃が強いのかはよく分かりませんでした。

ちなみに、この打線は”どさくさ打線”と言われていて
田茂(二宮)さんが言うには
1回の攻撃で15点を狙いにいくシステムだそうです。

ポジションの方ですが、ピッチャーの赤岩(福士)さん以外は
特に定まっていないようなので
江波兎(山崎)さんのポジションはよく分かりませんでした。
一応内野手をやっているみたいですが、詳細は不明です。

作中では主役級で出番の多いメンバーと比べると
特筆すべきほどの活躍はありませんでしたが
明るいムードメーカー役で、ドラマに華を添える事で
自身をアピールするという役柄でした。

●2番バッターとしてバッティングに挑む山崎さん
●2番バッターとしてバッティングに挑む山崎さん

■”弱くても勝てます”の主要メンバーの紹介

作中では主役級で出番の多いのは、田茂(二宮)、白尾(中島)、赤岩(福士)
の3人ですのでここで少し紹介しておきます。

・田茂青志(たも あおし)役 二宮和也
30歳の新任教師で、物語の主人公、東大を主席クラスで卒業した、その頭脳で
小田原城徳野球部を勝利に導こうとする。

・白尾剛(しらお つよし)役 中島裕翔
メジャーリーガーを目指している小田原城徳最強の野球選手
白尾が9人入れば、甲子園も不可能ではないと言われている逸材

白尾がピッチャーをすれば、そこそこいけそうではあるが
なぜかポジションは内野手

・赤岩公康(あかいわ きみやす)役 福士蒼汰
野球部メンバーの中では一番目立っている登場人物
家は金持ちで、本人は東大合格確実なため人生の勝利者です。
親の財力を使って、野球部の設備投資をしてもらう。

ピッチャーとしてはコントロールに長けているという設定だったが
練習では、その片鱗を見ることはできなかった。

・他にはこんな記事もどうですか?※弱くても勝てます関連

関連記事:二宮和也の腰は杖がいる?弱くても勝てますの演技は?

sponsored link



コメントを残す