橋本愛の激太りの比較は?あまちゃんの演技は下手?

橋本愛

平均視聴率20%を越える超有名ドラマ”あまちゃん”に
出演していた橋本愛さんが激太り?と言われるように
なったので少し確認していきましょう。

そして、話題のドラマ”あまちゃん”での橋本さんの
演技はどのような物なのでしょうか?


sponsored link

■橋本愛(はしもと あい)さんのプロフィール

【本名】橋本愛(はしもと あい)

【生年月日】1996年1月12日生まれの18歳

【出身地】日本・熊本県

【身長】165cm

【体重】40kg(あまちゃん出演時)

【血液型】O型

【所属事務所】ソニー・ミュージックアーティスツ

■橋本愛が激太りしたので比較?

橋本さんが激太りといわれ始めたのは今年の紅白歌合戦が
終わってから、わずか1,2ヶ月後の話ですから
結構最近の話題という事になります。

●紅白歌合戦に出演していた時の橋本愛さんの画像
左が橋本愛さん、右が能年玲奈さんです
あまちゃんのユニット

そして、今激太りと言われている画像がこちらです

●紅白から1,2ヵ月後 エランドール賞を受賞した時の橋本さんの画像
激太りの橋本さん

それでは、両者を比較してみましょう

●両者を比較してみた画像
激太り前の橋本さん 激太りの橋本さん

どうでしょうか?
たしかにNHK紅白歌合戦に出演していた時よりも
大幅に顔の体型が変わっているようです。

いくらなんでも1,2ヶ月で女優がここまで体型を変えてくる
というのは相当不自然に感じてしまいますね。

考えられる理由としては

1・単なる食べすぎ

橋本さんが出演していたドラマ”あまちゃん”では
海女(あま)さんが海に潜って取ってくる”うに”がよく出てきました

作中のうに丼は名物となっていて、すごくおいしそうでした。
このうに丼を食べすぎた可能性がありますね。

●”あまちゃん”と言えばうに丼 作中では1200円で販売
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2・女優としての環境の変化

女優というのは、当然ストレスを感じやすい職業だと思いますし
橋本さんはまだ女優暦2,3年の新人です。

ドラマ”あまちゃん”放映終了後は気が抜けて
体調に変化が現れやすくなっても不思議ではありません。

sponsored link


3・エランドール賞で目立つため?

エランドール賞は俳優・女優にとって、大変名誉のある賞です
ここで存在感を出すために、あえて体型を変えてきたという
可能性もあるでしょう

事実”あまちゃん”で共演していた、主演の能年さんよりも
橋本さんの方が目立っていました。

●受賞者の中でも目立っている橋本さん
エランドール賞

この後きちんとダイエットできれば、それも+されて話題になるはずです。
戦術的体型変化という可能性もある事でしょう。

まぁ、いろいろ考察してみましたが
本当の所は当人にしかわかりませんので
ダイエットを成功させた後の橋本さんの発言待ちと言えるでしょう。

・他にはこんな記事はどうですか?※体型が気になる芸能人は?

関連記事:篠田麻里子が激太りで別人に?結婚の相手は?
関連記事:平愛梨が太ったのをヒルナンデスで?兄はビバリーヒルズに?

■橋本愛のあまちゃんでの演技は下手?

さて、あまちゃんと言えばタイトルにある通り
海女(あま)をテーマにした作品で
岩手県にある”三陸市”という架空の市
※モデルになっているのは岩手県久慈市

を舞台にした海女の後継者不足問題をどうするか?
というのが話の本筋となっています。

●あまちゃんキャストデータ

天野アキ役 能年玲奈
足立ユイ役 橋本愛

●あまちゃんに出演していた橋本さんの画像
潮騒のメモリーズのかわいい方 橋本愛

“あまちゃん”で橋本さんは足立ユイという
高校2年生の少女の役を演じていました。
初登場はあまちゃんの第5話からです。

あまちゃんの舞台となっている北三陸市は
東北の片田舎という設定だったのですが

足立ユイ(橋本)は普通に標準語を話していました。
三陸市に住んでいる設定の役柄の登場人物はほとんど全員が
東北訛りでしゃべっています。

ですから、標準語を話す足立ユイ(橋本愛)は作中では
目立ちますから、演技の幅を求められる役柄と言えるでしょう。

そういえば、作中の天野アキ(能年玲奈)は東京から
北三陸士にやってきた少女という設定だったのに、いつの間にか

標準語と東北訛りをしゃべる少女になっていました。
そんなにすぐ地元に馴染むものなのか?
と少し不自然に感じましたね。

さて、演技の幅を求められる役を行っていた橋本愛さんですが
作中の演技はとりたててよかったという感じは受けませんでしたね。

足立ユイ(橋本)はアイドルを目指して、東京に憧れている女の子
という設定でしたが、いかんせん演技が少し淡白でした。

自分の感情を出すのが苦手であるという設定だったので
仕方がない部分も多いのですが、もう少し喜ぶべきシーンは
明るくてもいいんじゃないかなと思いましたね

作中では天野アキ(能年玲奈)と”潮騒のメモリーズ”という
アイドルユニットを組んでいて

アキから一緒にアイドルをやろうと言われたときは
もっと喜んでもいいはずなのに、どうも淡白に感じました。

まぁ、もっとばかつを踏んでいけば、演技力も向上していくと思いますので
これからの橋本さんに期待していきましょう。

・他にはこんな記事もどうですか?※演技が気になる芸能人と言えば

関連記事:木村拓哉と堺雅人のドラマは?演技は下手?うますぎ?
関連記事:二宮和也の腰は杖がいる?弱くても勝てますの演技は?

sponsored link



コメントを残す