川口春奈がドラマで主演?低視聴率のドラマは?

川口春奈

シェアハウスの恋人や、夫のカノジョ等で
独特な役を演じている、川口春奈さん

出演したドラマの役を少し見ていきましょう。
川口さんが演じているその役柄とは?

sponsored link


■川口春奈(かわぐち はるな)さんのプロフィール

【本名】川口 春奈(かわぐち はるな)

【生年月日】1995年2月10日生まれの19歳

【出身地】日本・長崎県・五島市(休福江市)

【身長】166cm

【血液型】O型

【所属事務所】研音

■川口さんが主演を演じているドラマ、”夫のカノジョ”は低視聴率?

※キャスト説明
山岸星見役→川口春奈
小松原麦太郎役→田辺誠一
小松原菱子役→鈴木砂羽

私は、川口さんが主演のドラマと言えば、夫のカノジョが
好きなので、夫のカノジョでの川口さんを紹介させて
頂きます。

“夫のカノジョ”で川口さんは”山岸星見(やまぎし ほしみ”という
ちょっと口が悪い、20歳の粉物会社の派遣社員営業マンという役
やっていました。

そんな山岸は会社の先輩である”小松原麦太郎(こまつばら むぎたろう)”
に正社員になるためのSPIの問題や、一般常識問題等を教えて貰うために
自宅に呼んでいたのですが

それを目撃した麦太郎の妻の
“小松原菱子(こまつばら ひしこ)”
が、夫は浮気をしているのではないか?と誤解し山岸を呼びつけ
手切れ金を支払うところで物語が始まります。

そして、なぜか急な展開で、山岸と菱子が魔法使いのおばあさんに
試練とか言われて体とマインドを交換される
いわゆる、入れ替わり物語というのが、夫のカノジョの始まり方です

まず、体が入れ替わるのがあまりにも唐突すぎるな?から始まり
派遣社員から正社員にするのに、SPIや一般常識の問題を解かせるっていうのが
ちょっと考えられないな?とも思いますし

小松原菱子はどうやって、山岸の連絡先を知ったんだ?という疑問もわきますね
設定と流れにつっこみを入れられるところがこのドラマのおもしろい所だと思います。

さて、そんなドラマである”夫のカノジョ”ですが
ちょっと口の悪く悪態を付く川口さんが、その筋の人にはたまらない
可愛さとなっているようです。

※するどい目つきがたまらない川口春奈さん
夫のカノジョの川口

具体的には上司はあだ名で呼ぶ、上司から書類のコピーを取る様に言われたところ
それは私の仕事じゃないよ!!見たいな感じで反論するなど
やりたい放題な川口さんを見ることができます。

sponsored link


入れ替わったあとは精神年齢が39歳の見た目は20歳の女の子という役で
謙虚かつおしとやかなタイプに変更されるので
もちろんこれも、そういうタイプが好きな人にはたまらない可愛さとなっているようです。

一粒で2度おいしくかわいい川口さんを見ることができる
“夫のカノジョ”はおすすめのドラマですので
川口さんのファンはぜひ確認してみて下さい。

こちらのドラマは平成のドラマの中でも特に低視聴率と言われて
不人気なんじゃないのか?という世間の評価はありますが

おもしろさでいけば、失恋ショコラティエ等の高視聴率ドラマを
上回っていると思いますので、“低視聴率なんだ”という評価に騙されずに
一度見てみて欲しいと思いますね。

■川口さんが出演している他のドラマは?

私が見たドラマで、かわいい川口さんが見れるのは
“シェアハウス”の恋人”でしょう

※キャスト説明
錦野カオル役→川口春奈
津山 凪役→中島裕翔
津山 汐役→水川あさみ

“シェアハウスの恋人”では
錦野カオルという、教師志望の19歳の女の子の役をやっていました

この”カオル”という登場人物は、凪にぞっこんで
凪の為なら、何だってするよ♪といった
いわゆる、ちょっとヤンデレが入っている感じの女の子です。

シェアハウスの恋人では、その名の通り、シェアハウスが物語の
メインになっていて、津山汐が
シェアハウスで、さまざまな人達と共同生活を送る
どたばた活劇のようなドラマとなっています。

姉の津山汐がシェアハウスで他の男性と生活する事を快く思っていない
弟の凪はなんとか、シェアハウスで生活している若い男性に
シェアハウスを退寮して欲しいと思っていました。

そんな弟のために、シェアハウスのメンバーの仲を悪くして
退寮に追い込む為に、カオルはシェアハウスで
メンバーの飲食物を勝手に破棄したり
通販で勝手に物を注文して、お金を支払わせたりと

“夫のカノジョ”の山岸星見よりもやりたい放題な事をしていました
これだけ見ると、かなりとんでもない女性です。
教師志望という設定なのに、これはいくらなんでも・・・といった感じです

※冷蔵庫を物色して、破棄をくわだてる川口さん
冷蔵庫の中を物色する川口

しかし、彼氏のためになんでもするという
ある意味一途に己を突き通す姿は
それはそれでかわいいなと私は感じてしまいました。

私も女性から、行動自体は間違いでも尽くしてもらいたいものです。

sponsored link



コメントを残す