大泉洋の嫁は中島久美子?実家の住所は真駒内?

大泉 洋

演劇だけではなく、声優としても実は
それなりに知られている、大泉洋さん

お嫁さんや、実家が噂が気になるので
少し見ていきましょう。


sponsored link

■大泉 洋(おおいずみ よう)さんのプロフィール

【本名】大泉 洋(おおいずみ よう)

【生年月日】1973年4月3日生まれの41歳

【出身地】日本・北海道・江別市(えべつし)

【身長】178cm

【血液型】B型

【所属事務所】CREATIVE OFFICE CUE

※提携先はアミューズ

■大泉さんの奥さんの名前や経歴、年齢、馴れ初め等

中島久美子 フジテレビ

【本名】中島久美子(なかじま くみこ)

【生年月日】1970年3月10日生まれの44歳

【所属会社】フジテレビ ※現 ドラマ制作センター副部長

中島さんはフジテレビでドラマのプロデューサーをしていて
20代の若さで、ドラマのプロデュースをまかされたといいます。
フジテレビでは期待の新生として名が通っていたのでしょう。

現在の夫である大泉さんとの出会いですが
中島さんが35歳の時に救命病棟24時(第3シーズン)のプロデュースで
“佐倉亮太”という看護師の配役をどうするか悩んでいた時に

知り合いから「こういう人がいるんだけどどう?」と、大泉さんを
紹介してもらったのが出会いのきっかけだったのだそうです。

大泉さんを一目見て、中島さんは、”佐倉亮太”役はこの人しかいない!!
と思ったそうなので、よほどイメージにあった人だったのでしょう。

ちなみに、配役に悩んでいた”佐倉亮太”という登場人物は
救命病棟24時では、28歳のパーマのムードメーカー看護士という
役柄でした。

普通、医療系ドラマの配役では実際に臨床(手術)をする
人物にスポットが当たると思いますので

主役の執刀医以上に、看護士という役柄をどうするか
悩むというのは意外な気がしますね。

ドラマのプロデュースをするという事は、視聴者の目線を
意識する事が大事と中島さんは言っていたので、このドラマでは
“佐倉亮太”は大切な役柄だったのでしょう。

※備考・追記
インタビューでは視聴者の目線を意識することといっていたのですが
フジテレビのプロフィールでは自分がおもしろいと思うことが大事といっていた
ので、結構中島さんはフリーダムな方のかもしれません

sponsored link


しかし、私も実際に救命病棟24時を視聴したんですが
そこまで大泉さんがこのドラマにとって大切な配役かどうかは
分かりませんでしたね。

ムードメーカーとして添え物的な活躍はありましたが
“救命”をテーマにしている以上は、やはり執刀部分の方がインパクト
がありました。

まぁ、主要メンバー全員が執刀するわけにはいきませんから
こういう人物も必要と言えば必要ですよね。

※ムードメーカー看護士を演じていた大泉さん
大泉さんが演じた佐倉さん

■大泉さんの実家ってどこ?

さて、芸能人と言えば、当然実家も気になったので調べてみたところ。
どうやら、大泉さんの実家は、北海道は札幌にある真駒内(まこまない)
という所にあるそうで、地元でも相当有名な家なのだそうです。

大泉さんは江別市生まれで、小学校5年生までは江別市で育ったらしいのですが
その後、札幌市南区(真駒内)付近に引越したので、現在の実家は
真駒内にあるそうです。

※参考地図江別市の場所
江別市

※参考地図江別市と真駒内の位置情報
赤丸が江別市、青丸が真駒内です
江別市と真駒内

今や北海道のスターといえる大泉さんのご実家ですから
さぞかし立派な家かなとおもったのですが、どうやら結構普通の一軒家のようですね。

※大泉さんの実家
実家

やはり、大泉さんのお父上が教師という硬い役職についていますから
倹約をこころがけているという事なのでしょうか?

sponsored link



コメントを残す