木村拓哉と堺雅人のドラマは?演技は下手?うますぎ?

ohutari木村拓哉さんと堺雅人さん
お二人が共演したドラマが
あるというので見てみました。

演技は下手なのか?
それともうまいのか?


sponsored link

■堺雅人(さかい まさと)さんのプロフィール

【本名】堺 雅人(さかい まさと)

【生年月日】1973年10月14日生まれの40歳

【出身地】日本・兵庫県・神戸市

【身長】172cm

【血液型】O型

【所属事務所】田辺エージェンシー

■木村拓哉(きむら たくや)さんのプロフィール

【本名】木村拓哉(きむら たくや)

【生年月日】1972年11月13日生まれの41歳

【出身地】日本・東京都

【血液型】O型

【配偶者】工藤静香

【所属事務所】ジャニーズ

■木村拓哉さんと堺雅人さんが共演したドラマは”エンジン”

お二人が共演したドラマは”エンジン”と言いまして
レースドラマと保育施設の人情物語が一緒になったような
作品です。

木村拓哉演じる神埼次郎(かんざき じろう)というレーサーが
主役で、F3(フォーミュラスリー)のレースに出場して
表彰台を目指す!!というのがレース部分のメインストーリーです

※レーサー神崎を演じる木村さん
レースに出場する神崎

普通、レースドラマといえばF1がピックアップされる事が多いのですが
木村さんはF-3000(現在のGP2)のレースで、自身チームの
ファーストドライバーとクラッシュした為に、チームを解雇

海外ではスポンサーが見つからなかったため、GP2より
1ランクカテゴリーが下がるF3でレース活動を続けるといった
物語になっています。

作中では木村さん演じる神埼も32歳で当時の木村さんと
同じ年齢設定でした
※ドラマ”エンジン”は2005年度放映です

レース界においては32歳は決して若い年齢ではなく
神崎はF-3000でレースキャリアがありF3でも優勝経験があるものの
なかなか、スポンサーが見つからず、苦い思いをしていました。

なんとか、F3時代に所属していたチームのコネで
レース関係の仕事に復帰できたのですが、そこでまかされた仕事は
レーサーではなくメカニックでした。

果たして、神崎はレーサーとして、再びサーキットを走れるのか?
というレース関係ドラマでは一風変わった作品です

sponsored link


そして、保育施設の人情物語部分では
主役は堺雅人さんといってしまっても、過言ではないと思いますね。

保育施設は神崎の父上が経営している施設で、下は幼稚園から上は18歳くらいの
高校生を含む、いろいろな年代の子供達がいました。

堺雅人さんは作中では鳥居 元一郎(とりい げんいちろう)という
保育士の役をやっていました。

※保育士鳥居を演じる堺さん
保育士、鳥居を演じる堺さん

鳥居は最初、保育士としては少し冷めた感じがする男性で
子供達のいろいろな問題に手を焼く保育士に

「あんまりうるさくいうと、余計言う事聞かなくなりますよ?」
と、子供達とは出来うる限り面倒ごとを起こしたくなく
保育士は仕事と割り切っているという感じの男性でした。

しかし、実際には自分にはどうしようもならない問題は
解決できないから口出ししないだけで

本当は子供達の未来を現実的に一番考えている
心優しい保育士という役柄でした。

保育施設には経営者の息子である、神崎も世話になっていて
鳥居とは子供に対する接し方の問題で、よく衝突していました。

※お二人の共演画像
衝突するお二人

作中の間柄でいくと、木村さんと堺さんはあまり
仲が良いという設定ではありませんでしたね

しかし、神崎の自由奔放ながら純粋な子供への接し方に
徐々に鳥居も影響されはじめるわけなんですが・・・

そこは、ドラマを見て確認してもらいたいものですね。

■お二人の演技は下手?うますぎる?

お二人の演技なんですが、まず堺さんの演技は
とても上手かったと私は思います。

堺さんが演じていた、保育士”鳥居”は
クールで現実的な大人と、子供達への熱い思いが同居した
男性ですので

壮反する2つのキャラクターを、演じ分けなければいけません。
発する言葉の雰囲気から、表情までとても上手く演じていましたね。

そして、木村さんの方なんですが、演技がうまい!!という
感じはあまりしませんでしたね。

木村さんが演じていた、レーサー”神崎”は子供っぽく純真な男性で
ただひたすら、レースでサーキットを走りたい!!という
思いにつき動かされていて

あんまりキャラクターの幅というものを感じることはできませんでしたね。
まぁ、それは作中での登場人物の設定という面もあるので

ドラマ”エンジン”だけで木村さんの演技を評価する事は
難しいといった感じですね。

また、お二人が共演するドラマを見る機会があれば
こちらのブログでレビューをしていきたいと思います。

sponsored link



コメントを残す